私は先日、古い日記を見つけました。いまは日記は書いていませんが学生の頃から新社会人までは毎日日記を書いていました。懐かしいですね。

ある年の8月5日の内容です。

年下の彼とデートをしてきました。彼と会ったのは数ヶ月振りだったのですが、色々な変化に驚きました。

まず、彼は肌荒れで悩んでいました。思春期なのでニキビが酷く、肌もクレーター状になってしまっていたのです。赤みも相当あって目立つ状態だったのですが、それもかなり改善されていました。

そして髪の毛も黒い地毛に戻っていたのです。前回のデートの時は茶色になっていて、目立つなあと少し抵抗を感じていました。黒髪の方が似合いそうと言っても猛反発されたのですが、もう染め直しはしていないのか完全に地毛の状態に戻っていました。

少し艶もあって、今までよりも髪が健康そうに見えました。カラーなどの化学的なダメージが減ったからかもしれません。彼曰く、黒髪は不潔そうに見えて今まで自分が黒髪にするなんて考えられないことでした。

しかし私からすれば茶髪の方が手入れの手抜きがバレバレですし、あまり知性も感じないと思っていました。なので彼が黒髪になったことはとても喜ばしいことでした。

長さも耳が見えるくらいまでに整えてさっぱりし、とても好青年な印象になっていました。髪を帽子で隠しているのが残念でしたが、今までよりも清潔感がアップして格好良くなりました。

勿論その場で髪型や肌を褒めたのですが、照れながらも喜んでくれました。せっかく素敵な顔になったのに、隠してしまうのは非常に勿体無いことです(二人きりだとよく見せてくれるので全く問題ないですが)。

ヘアスタイルに自信が持てずに帽子を被っているとのことだったので、またいつか二人で髪のセットを研究してみたいと思っています。